老後も、健康で生活をおくれることは理想です。

しかし、健康寿命と平均寿命では、約10年の差がデーターででています。

 

健康寿命の延ばすには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

ダイエットを行って肥満解消することは、効果があるのでしょうか?

Sponsored Link

健康寿命とは?

『健康寿命』ということばは、だいぶ広まってきていますね。

『健康寿命』とは、健康に問題がない状態で日常生活をおくれる期間です。

 

日本人の平均寿命は、男性80.98才、女性87.14才(平成28年:簡易生命表調べ)と年々長くなっています。

又、男性の健康寿命は70.42才、女性の健康寿命は73.62才(平成22年:簡易生命表調べ)です。

 

 

平均寿命と健康寿命では、男性で約10年、女性で約13年の差があります。

 

 

年々、長くなる寿命に対して、追いついていないのが健康寿命です。

 

 

PPK(ピンピンコロリ)の理想には、ほど遠い状態ということです。

 

健康寿命を延ばすには?

Sponsored Link

「内臓脂肪肥満を解消すれば健康寿命を伸ばせる」ということが、肥満症予防協会より発表されています。

健康でいられるための要因として、適正な体重で疲れにくい体をつくることが要因ということです。

 

参考記事:内臓脂肪肥満解消と健康生活「肥満症予防協会」

 

健康寿命は、自立して何でもできなければなりませんので、体が資本になります。

 

肥満解消で健康寿命の効果は?

インパクトのあるダイエットCMの【ライザップ】は、静岡県牧之原市でシニア層を対象とした健康増進事業を行いました。

その結果、体重も平均2.4kg減りましたが、

・体脂肪率 平均3.1%減(35.2%→32.1%)
・総コレステロール 平均10.8mg/dl減
・中性脂肪 平均12.9mg/dl減

という、結果がでています。

 

ライザップの健康支援は、⇒「シニア向けのライザップダイエット方法や料金はある?健康増進支援とは?」で、記事にしています。

 

 

肥満になると、糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクが倍以上になるといわれています。

病気は健康寿命の敵です。

 

 

内臓肥満解消で健康寿命が延びることはわかりましたが、標準体重の人が痩せる必要はありません。

又、シニア世代で無理なダイエットを行えば逆効果です。

 

健康的にダイエットを行えば、健康寿命にも効果があるということです。

 

肥満解消の方法は?

食事に気をつける

肥満解消の基本は食事です。

 

ダイエットをする為、食事制限をする人は多いです。

ダイエットというと、ついつい食事の回数を減らしかちです。

 

回数を減らすのではなく、食事の量や内容を見直しましょう。

・食事のカロリーのコントロールをする

 

・主食、副菜、主菜、を基本に栄養のバランスが偏らないようにする

 

・脂質や食塩は控えめにする

 

です。

 

健康寿命のレシピ本もでているので、参考にしても良いですね。

適度な運動を行う

食事の見直しとともに、適度な運動も行いましょう。

 

手軽な運動といえば『ウオーキング』です。

『ウォーキング』は、およそ20分以上継続して歩くことで脂肪の燃焼が始まるといわれています。

 

たまに、1時間2時間歩いて膝を痛めたりしたら大変です。

無理をせず、すこしづつでも継続して行うことが大切です。

 

まとめ

平均寿命の延びとともに、健康寿命も少しづつですが延びています。

最後まで、健康でいきいきとした生活を送ることができることが理想です。

 

シニアの健康維持のための意識について、⇒「老後の健康維持のための3つの意識は?シニアの過ごし方でオススメ!」で、記事にしています。

 

健康寿命を延ばすよう、毎日の生活習慣も見直してみるのも良いですね。

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link


老後について気になる方は「いいね!」をクリックして最新情報をご覧ください