老後一人暮らし不安

近年、未婚であったり、離婚をして一人で暮らす女性が増えています。

一生結婚しないまま過ごす女性は、近年では、10人に1人ですが、2030年頃には、4人に1人まで増えると言われています。

若い時は、一人で暮らしていても寂しさも感じないのですが、老後を迎える頃になると、老後の一人暮らしが不安に感じてきますね。

老後の一人暮らしが不安と感じる理由と解消方法を紹介しますね。

Sponsored Link

老後の一人暮らしが不安と感じる理由は?

発言小町に寄せられた「老後の一人が不安と感じる理由」です。

・私には友達がいません。こちらから声をかければ会える人はいますが、あまり誘ってくれる友達いません。職場の飲み会もたまにありますが、無理に笑っているけど全然面白くもなく、一人浮いているような寂しさが込み上げて、帰り道は落ち込んでしまいます。

 

・兄弟もなく、同居の母が亡きあとは、家族もなく孤独な老後が待っています。
頼れる親類や知人もなく、一人きりの老後が心配で(病気や要介護になった時のことなど)、将来のことを思うと今から気持ちが沈んでしまいます。
仕事柄、貯金等の相続の手続きをすることが多々あるので、自分が死んだら・・・と思うと誰も手続きしてくれる人もなく空しくなります。

 

・兄弟はいません。最終的に遠縁をあてにする訳にもいかず、どのように老後の準備をしたらいいのか見当がつきません。
お金の管理すらできなくなることもあり得ます。一人であるということに無理があると、今になって後悔はしていますが。

 

男性を見る目がないせいか、この度、二度目の婚約破棄をすることとなりました。
年齢的にも、精神的にもあきらめの境地に達していて、生涯未婚を覚悟してきています。

ぼんやりとした老後の不安があります。
なにから手を付ければいいのか、貯金する以外に特に浮かびません。

 

離婚をするときに、老後の覚悟は出来ていたつもりだったのですが、いざ体力が衰え、この先自分自身で責任のとれる生活設計が出来るのか大変不安です。

出典:http://komachi.yomiuri.co.jp

 

発言をまとめると・・

・兄弟や親類もなく、友達も少ないため、ひとりの老後が不安と感じる

・一人の老後に備えて何をして良いかわからない

です。

 

老後の一人暮らしが不安な解消方法は?

Sponsored Link

あなたが、老後の一人暮らしが不安な理由をしっかり考えてみましょう。

老後は、「人との繋がりをもつ」「楽しみをもつ」「お金をもつ」が大切と考えます。

人との繋がりをもつ

家の中に閉じこもって「友達がいない」と言っていても、友達は出来ません(SNSなどを介せば、有るかもしれませんが・・)

友達が欲しいと思うのであれば、友達をつくる努力をするよう自分から行動しなければ、友達は出来ません。

友達とまでいかなくても、サークルやボランティアに参加すれば、気の合う人が見つかるかもしれません。

 

楽しみをもつ

老後は、あなたの好きなことを行い、生活を楽しめば、不安も軽減されます。

趣味は、ストレス解消にもなりますし、生活も豊かにしてくれます。

今のうちから、趣味やボランティアなど老後に打ち込めるものを探しておくことが出来ると良いですね。

お金をもつ

老後は急に来るわけではありません。

老後の一人暮らしが不安と感じたのであれば、今からでもお金を貯めていくことです。

予定外の出費や趣味などの費用も含めて、老後の生活費など、老後に、いくらお金が必要なのかを考えて、備えていくことが大事です。

 

関連記事:

女性一人暮らしの老後の生活費の平均や内訳は⇒

女性一人暮らし60才以上の老後生活費平均や内訳は?不足額の解消方法は?

 

【おひとりさまの老後】の感想や口コミは?

【おひとりの老後】という題名ズバリの本も発行されています。

上野千鶴子さんは、自分のことをシングルのキャリアと述べ、一人暮らしの長い先輩にもノウハウを聞きまとめた本です。

 

本の中では、シングルを「後家落」と呼び、シングルの時間を楽しむことが書かれています。

「大切な友人のネットワーク」というところは共感しましたが、今の時代と少し違うかなという感は受けました。

「どこでどう暮らすか」「誰とどうつきあうか」「お金はどうするか」「どんな介護を受けるか」等、300ページ近くありますが、読みだすと結構スラスラ読んでしまいました。

 

口コミは☆1つ~☆5つと評価が分かれています。

まとめ





老後は急に来るわけではありません。

老後の一人暮らしを不安と感じたのであれば、3つの持つ「人との繋がりをもつ」「楽しみをもつ」「お金をもつ」を、気にかけて生活してみてくださいね。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。