あなたは老後資金はどのように貯めていますか?

老後生活費がかつかつな暮らしも辛いですね。

 

銀行に預金を預けても、1年の普通預金で、高い銀行の利率で0.02%位です。
100万円を預けて、利息が200円。そこから税金も引かれることにより、手取りの利息で160円です。

銀行預金は、リスクはほとんど0ですが、低金利です。

 

管理人は、老後資金を貯めるひとつの方法として、安全性を高め、リスクがある程度低くなるよう考えながら、ソーシャルレーディングのmaneo(マネオ)に投資しています。

紹介していきますね。

Sponsored Link

maneo(マネオ)とは?

maneo(マネオ)は、お金を借りたい人と、お金を貸したい人をマッチングする『ソーシャルレンディング(Social Lending)サービス』の業者です。

 

『ソーシャルレンディング』とは、お金を貸したい個人の資金を、インターネット上の専用サイトを通じて、借りたい企業に投資するという仕組みです。

 

maneoの利回りは何故高い?

銀行金利が、1%を切っている昨今、maneo(マネオ)は、年5%~8%の利回りをうたっています。

 

何故、このような高い利回りを保証できるかというと、投資家から募ったお金を、事業資金を必要としてる企業に貸し出しているからです。

銀行から事業資金を借りれない企業が、銀行より高い金利でも、maneo(マネオ)に融資を申し込み、maneo(マネオ)が高い金利で、企業に貸し出している為、高い利回りを得ることができます。

maneo(マネオ)の評判は?

Sponsored Link

maneoの評判を見てみると、延滞案件が出ている件もあり、インターネット上では、「良くない」という評判も出ていますが、「良い」の評判が上回っています。

 

maneoは、9周年を迎えており、登録者数は5万7千人を超えています。

貸付件数も7千件を越え、完済件数は5千件を超えています。

 

ソーシャルレーディング会社の中では、実績は一番です。

maneo(マネオ)の安全性が心配?

利回りの高い投資方法のmaneo(マネオ)ですが、安全なのでしょうか?

 

結論から言うと、『100%安全かというと、100%安全ではない』と、私は考えます。

 

実際、延滞案件も出てきています。

 

事業性ローンデフォルト発生金額 推移

延  滞  中 案件数 1件 / 件数 3件 / 金額 45,346,694円
デフォルト 案件数 0件 / 件数 0件 / 金額 0円

引用元:【meneo】HP マーケット情報

 

参考:延滞発生に関するご報告

引用元:【maneo】HP

 

参考:延滞案件が発生しました。

引用元:投資の現場レポート【maneo㈱・maneoマーケット㈱(ソーシャル金融業)社長 瀧本憲治氏 ブログ】

 

maneo(マネオ)は、100%リスクは獲りたくないと考えている場合は、向かない投資法だと考えます

maneo(マネオ)でリスクを低くする投資方法は?

管理人も、リスクは獲りたくありません。

しかし、私はmaneoに投資しています。

 

全資産を、ソーシャルレンディング maneoや株式投資に投資するのは論外と考えます。

 

しかし、ある程度のリターンを考えるのであれば、リスクは避けて通れないのではないでしょうか?

maneo(マネオ)の投資は、とにかくリスクが低くなるように心掛けています。

リスクを低くする投資法は、あるのでしょうか?

 

maneo(マネオ)担保付きのファンドに投資する

maneo(マネオ)の投資物件の中でも、不動産担保付きローンファンドの物件があります。

 

利回りは5%~6%で、他の投資物件よりは低い利回りの物件です。

しかし、契約時に不動産を担保としているので、万が一資金返済ができない場合の安心材料になるでしょう。

 

不動産担保付きローンファンドの物件には、投資案件と一緒に、担当者のコメントも入っています。

投資家の皆様の安全性を考慮した不動産担保付きのローンファンドです。

引用元:【maneo】HP

 

他の物件より、多少の安全材料になると考えます。

 

maneo(マネオ)投資案件を分散化する

ひとつの案件に、全額投資をしないで、案件の最低金額から投資しています。

自分のソーシャルレンディング maneoの投資金額の上限を決めておいて、その中で投資案件を分散化しています。

 

まとめ

maneo(マネオ)は、高利回りですが、100%安全ではなく、リスクもあるということです。

 

それでも、maneo(マネオ)の投資を考えているのであれば、出来る範囲で、リスクを軽減化させていく方法を考え、老後資金を貯めていけるよう実行していきましょう。

 

参考記事:⇒「maneo(マネオ)で老後資金は増える?投資金額の最低や注意事項や決まりは?」

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link