スマホカメラ

年を重ねていっても、楽しみは必要です。
シニア生活も楽しむ趣味があると、生活に張りがでるでしょう。

 

老後は、誰にも必ず来ます。
老後の生きがいのためにも、趣味を楽しめれば良いですね。

現在、趣味がないという場合は、人気ランキングの趣味にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

男性に人気の趣味は、どんな趣味があるのでしょうか?

紹介していきますね。

Sponsored Link

男性に人気の趣味は?

 

1位 写真・カメラ

男性に人気の趣味ランキング1位は、写真・カメラです。

写真・カメラは、女性に人気の趣味ランキングでもランクインしていた趣味です。

 

【参考】: 「老後の趣味は生きがい?女性に人気のランキングベスト3は?」

 

 

写真・カメラの趣味の注意点は?

日常の生活のなかで人物や景色を撮影しても楽しいですが、お出掛けや旅行の思い出を写真におさめても思い出に残ります。

そんな点が、男性のみならず女性もに人気の趣味となるのでしょう。

 

しかし揃えるだけ揃えて、「ヤメタ」とならないよう、続けることが出来るのか考えてみましょう。

 

写真・カメラを始めるコストは?

写真・カメラで楽しみたいということであれば、カメラ性能に焦点をあわせて、スマホを選んでみても良いかもしれません。

 

スマホから始めるのであれば、スマホを購入するコストで始めることが可能です。

 

スマホも昨今では、画素数が高いものが発売されています。

スマホは持ち歩くことが多いと思うので、気に入ったものがあれば、すぐ撮影出来ますね。

 

スマホのカメラは、ソニー製品が有名です。

Xperia Z1 SO-01F docomo [White]
by カエレバ

 

メインカメラは、約2300万画素です。

 

画素というのは、デジタルカメラで、画像がどれだけ細かい点で表されるかということです。

画像を引き延ばした場合、画素数が高いほど写真がきれいです。夜景もきれいに撮影出来ると評判です。

写真を大きく引き伸ばさないであれば、そこまで画素数が必要ないかもしれません。

 

スマホカメラで良いのか、カメラのみが良いのか、目的に合わせて考えてみると良いですね。

 

2位 キャンプ

Sponsored Link

男性に人気の趣味ランキング2位は、キャンプです。

キャンプの趣味の注意点は?

キャンプは、バーベキューを楽しんだり、野外でテントを張って宿泊したりして楽しむ趣味です。

昨今では、オートキャンプ場なども多く、気軽にキャンプに取り組めるようになりました。

 

気軽に楽しめるようになりましたが、テントの設営場所には、注意が必要です。
水難事故は、事故にあった約半分の人が、亡くなったり行方不明になっていますので、事故を起こさない事前の注意も必要です。

 

キャンプを始めるコストは?

キャンプの場合、コテージへ泊る場合などを除いて、テントに宿泊することになります。

宿泊する場合、テントと寝具は必要です。

 

バーベキューを行う場合、バーベキューコンロ、その他バーベキュー用品やガスバーナー他にはテーブルと椅子やランタンが必要でしょう。
テーブルと椅子は、折りたたみであれば持ち運びが便利です。

 

テントや寝具にしても、なるべく小さく折りたためるものの方が、運びやすく便利です。

 

テント・寝袋・テーブル・椅子

Villimetsa 【10点セット】 テント 折り畳みチェア 寝袋 クッションマット 枕 保冷バック 4~5人用
by カエレバ

 

上記のセットは、テント×1個、折り畳みチェア×2脚、寝袋(シュラフ)×2個、枕×2個、保冷バッグ×1個、床用マット×2個、収納バッグ×1個、チェア用収納バッグ×2個、フレーム×2本、ペグ×4本付です。

 

 

BBQコンロ 32cm×25cm インスタントバーベキューコンロ+スタンド+アミ BBQに必要なグッズがコレ一つに! (レギュラー)
by カエレバ

 

上記のセットは、コンロ・スタンド・アミのセットになります。

 

 

インターネットで、コストを抑えて、必要なものを揃えようとすれば揃えることも可能でしょう。

しかし、趣味であれば1回限りではありません。

 

例えばテントにしても、金額によって、ポールの太さもバラバラです。

安物買いの銭失いにならないよう、自分の目で吟味して購入する方が確かかもしれません。

 

 

3位 読書

男性に人気の趣味ランキング3位は、読書です。

読書の趣味の注意点は?

読書であれば、場所も選ばすかんたんに始めることが可能です。

活字を読むということは、脳の活性化にもなり知識など身につけることができます。

 

読書の趣味の注意点は、あまり無いと思いますが、没頭しすぎて眼や身体をこわさないようにということでしょうか。

読書にかかるコストは?

本を購入する書籍代のみです。

図書館で借りれば、コストもかかりません。

 

昨今では、パソコンやスマホで読める電子書籍もあります。

 

まとめ

Sponsored Link


男性に人気の趣味ランキングのベスト3ランキングを紹介しました。

興味のある趣味はありましたか?

 

趣味も生きがいのひとつとして、生活を楽しみたいものですね。

Sponsored Link