浜松まつり屋台引き回し

まもなくゴールデンウイークです。

GWに孫や子供と出かけることも楽しみになりますね。

 

浜松まつりは、毎年GWの5月3日~4日に行われる、約150万人を動員するおまつりです。

 

 

浜松まつり2018の御殿屋台引き回しの日程や交通規制は、どのようになっているのでしょうか?

孫や子供と楽しむ浜松グルメはあるのでしょうか?

 

紹介していきますね。

Sponsored Link

浜松まつり2大イベントは?

浜松まつりは2大イベントとして、昼間の「凧揚げ合戦」と夜の「御殿屋台引き回し」があります。

 

2018年の浜松まつりの「御殿屋台引き回し」の参加は、およそ80の町になります。

「凧揚げ合戦」の参加は、173の町になります。

 

浜松まつりの凧揚げ合戦日程やアクセスとイベントについては、こちらの記事もご覧ください⇒浜松まつり2018アクセスや交通規制は?孫や子供が楽しいイベントは?

 

浜松まつり 御殿屋台引き回しとは?

18時半からは、御殿屋台の引き回しも行われます。

 

凧揚げの労を労いながら、初子の凧を提供したお宅や浜松まつり役員のお宅や、企業や、商店でお酒や料理で振る舞いがあります。

 

この時、摺り足で練り歩きながら、掛け声に合わせて移動するのを見ていると、規則正しく整列しているなと感心してしまいます。

 

御殿屋台では、太鼓や鼓、笛などに合わせ、子供たちがお囃子で声を掛け合っています。

各町、各々のまつり囃子が行われますので、聞き比べても面白いかもしれませんね。

 

浜松まつり御殿屋台引き回し内容は?(動画 1分26秒)

浜松まつりの、夜に行われる御殿屋台引き回しの模様です。

 

町内廻りを行った後、鍛治町・広小路通りに御殿屋台が集まります。

暗くなってきて、御殿屋台の提灯に灯りがともり、一同に集まると、より綺麗です。

 

 

 

 

2018年浜松まつり屋台引き廻しの日程や会場は?

 

日程:5月3日、4日、5日 18時30分~21時

会場:鍛冶町・広小路通り(雨天中止)

 

 

浜松まつり御殿屋台交通規制

出典:http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/introduction/stall.html

 

 

浜松まつり御殿屋台会場の交通規制やアクセスは?

御殿屋台引き回し会場には観覧席はありませんので、歩道から観覧することになります。

 

浜松市南区中田島の凧揚げ会場からは、浜松駅行きのシャトルバス(終発14時:片道280円、小学生以下140円)がでています。

 

浜松まつり御殿屋台アクセス

出典:http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/news/2018/04/2018.html

 

 

2大イベント以外にも楽しいイベントがたくさん用意されています。

市中心部の会場では吹奏楽パレードや大道芸、ミスコンなど様々なイベントでお祭り気分を盛り上げます。

 

孫や子供と楽しむ浜松グルメは?

Sponsored Link

せっかく、孫や子供と浜松へ出かけたのであれば、浜松のグルメを楽しみたいですね。

 

お祭り会場には、屋台が数多く出店しています。屋台グルメを楽しんでも良いとは思いますが、静岡県外から、浜松へ来たのであれば、「さわやか」がおすすめです。

 

「炭焼きレストランさわやか」げんこつハンバーグとは?(動画 45秒)

静岡県内にしかないファミレスですが、静岡県民ならずとも「げんこつハンバーグの炭焼きレストランさわやか」の店名を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

友人が、県外から来静した時も、「さわやかのハンバーグが食べたい」と言っていたので、お店に行きました。

日本テレビの「嵐にしやがれ」で、さわやかのハンバーグが、放映された後で、お土産話にもなるとルンルンしてましたね。

「さわやか」は、平日でもご飯時は、常に混雑しているお店ですので、休日の混雑は覚悟していく必要はあります。

因みに、予約はできません。
通常の日であれば、営業時間は、11時からですので、30分位前に行けば、大丈夫ですが、GW中は、もう少し前に行ったほうが良いかもしれません。

さわやかの店舗は?

さわやかは、浜松市内は11店舗あります。

中田島の凧揚げ会場に近いお店「さわやか浜松白羽店」

道路の東側に位置しています。

 

 

御殿屋台引き回しの浜松中心部に一番近いお店「さわやか鴨江店」

浜松中心部に一番近いですが、バスで約10分かかります。

行き方は、JR浜松駅北口の遠鉄バスターミナル3番乗り場より[保健所]バス停で下車します。
進行方向に200m位歩くと「炭焼きさわやか」の看板が目に入ってくるので、わかります。

 

 

まとめ

国内には、いろいろなお祭りがありますが、昼と夜で祭りの内容が異なるのも「浜松まつり」の特徴です。

昼の「凧揚げ合戦」と夜の「御殿屋台引き回し」の2つのイベントを楽しむことができます。

 

浜松まつりの凧揚げ合戦日程やアクセスとイベントについては、こちらの記事もご覧ください⇒浜松まつり2018アクセスや交通規制は?孫や子供が楽しいイベントは?

 

 

浜松まつりを楽しんで、「さわやか」のハンバーグを味わって帰ってくる。

今年のゴールデンウィークは、浜松まつり+浜松グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link


この記事が役にたったら\いいね!/