老人ホームや介護施設の種類や特徴

老人ホーム介護施設といっても様々な種類や特徴があります。

老人ホームや介護施設を探すには、種類や特徴を理解しておかないといけません。

公営施設民営施設の違いもあります。

私も親の介護申請で情報収集しましたので、老人ホームや介護施設の種類や特徴を紹介しますね。

Sponsored Link


介護度の区分は?

老人ホームや介護施設に入所する場合、介護度が関係してきます。

介護保険の認定区分は、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5に分かれます。

要支援1

日常生活の中で、身の回りの世話の一部に手助けが必要な状態で、排泄や食事はほとんど自分でできる状態です。

要支援2

要支援1の状態より能力が低下し、日常生活で多少の支援が必要とする状態です。

要介護1

日常生活は、ほぼひとりでできますが、身の回りの世話(みだしなみや掃除)に、手助けが必要です。
排泄や食事はほとんど自分でできる状態です。

要介護2

日常生活の動作に、部分的に介護が必要で、身の回りの世話(みだしなみや掃除)の全般に助けが必要です。
排泄や食事に見守りや手助けが必要な状態です。

要介護3

日常生活の動作の中で、ほぼ全面的に介護が必要で、身の回りの世話(みだしなみや掃除)立ち上がりなどの動作がひとりでできず、排泄も自分でできません。

要介護4

介護なしでは日常生活が困難で、身の回りの世話、立ち上がり、歩行など、自分ではほとんどできず、排泄もほとんどできない状態です。

要介護5

介護なしでは日常生活がおくれず、多くの不安行動であったり、全体的に理解の低下がみられ、ほぼ寝たきりに近い状態です。

介護度参考元:https://www.minnanokaigo.com/guide/care-insurance/

老人ホームの種類や特徴は?

Sponsored Link


民間の運営の有料老人ホームのは、「介護付き」と「住宅型」があります。

介護付き老人ホーム住宅型老人ホーム種類や特徴を紹介します。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームの入所対象者は、要支援~要介護までです。

介護スタッフが常駐しているところが多く、スタッフがサービスを立ててくれます。レクリエーションや設備も充実しています。

介護付き老人ホームの費用は?

入所一時金は様々で無料~数千万円かかる場合があります。

月額費用は、約10万円~30万円代です。

入居一時金や月額料金、内容や規模は老人ホームによる違いが大きい です。

 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームの入所対象者は、自立~要介護までです。

自立者から要介護の人まで入居しており、自立者を対象にキッチンや浴室が備えられている部屋もあります。

住宅型有料老人ホームの費用は?

入所一時金は様々で無料~数千万円かかる場合があります。

月額費用は、約10万円~30万円代です。

 

介護施設の種類や特徴は?

介護施設は、介護保険を利用して施設に入居し、介護サービスを受けることができる公営施設です

介護施設は、特別養護老人ホーム(特養)介護老人保健施設(老健)があります。

特別養護老人ホーム

介護を必要とする人が、比較的少ない費用負担で長期で入居できる公的な介護施設です。

地方公共団体や社会福祉法人が運営母体になります。

通称「特養」とよばれます。

入居対象者は、「要介護3」以上です。

費用が、民間で運営している施設と比較して低いため、待機者が多く、直ぐに入れない場合があります。

知人も、家で生活することが困難になり、自分の希望する特養に入りたかったのですが、待機者が居て、直ぐに入れず、空きができるまで、少し離れた介護施設に入居していました。

特別養護老人ホームの費用は?

月額費用は、約5万円~20万円位です。

貰っている年金が多いと、特別養護老人ホームの月額費用は他の人より多く払うこともあります。

 

介護老人保健施設

在宅復帰を目指している方で、入居者が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、リハビリテーションや必要な医療、介護を提供する施設です。

公的施設で、通称は「老健」と呼ばれます。

「介護度1」以上でないと、入所できません。

介護老人保健施設の費用は?

介護老人保健施設は、入所一時金は不要です。

月額利用料金は約8万円~です。

公営介護施設と民営介護施設の違いは?

 

公営介護施設は、入所にかかる費用や月額費用が、民営介護施設に比べると安いです。

しかし、特別養護老人ホームは、「要介護3」以上、老人保健施設は、介護1」以上でないと入所できないうえ、待機者が多く、すぐに入所できない場合もあります。

民営施設は、入所費用や月額費用が高いですが、待たなくても良いという利点があります。

まとめ

老人ホームや介護施設選びは、なかなか大変です。

私も親の介護申請を申請するまでは、違いもよくわかりませんでした。

老人ホームや介護施設の種類や特徴を意識して、介護される人がどのサービスが合っているのか確認することが大切ですね。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。