菊

あなたは、墓じまいの時期を考えていますよね。

 

墓じまいを考えた時、時期はいつが良いのか?手順は、どうすれば良いのか?わからないと思います。

私が、実際経験した、墓じまいの時期や手順。

親族間のトラブルや実例の問題を紹介していきますね。

Sponsored Link

墓じまいを考える時期は?

墓じまいとは、お墓を片付けることです。
お墓から遺骨を取り出し、墓石を解体し、更地に戻します。

 

墓じまいは、いつまでに行わないといけないという決まりません。

 

しかし、墓じまいをおこなわないといけない時期が訪れます。

そのタイミングが、墓じまいを考える時期です。

 

私は、お墓を守る人が居ない?永代供養のトラブル発生や倒産の実例は?で記事公開したように、地元のお墓と遠距離のお墓と、ふたつのお墓ができてしまいました。

 

老後に向かっていき、遠距離のお墓は、なかなかお墓参りにもいけないし、二つのお墓を守っていくのは、無理と墓じまいをしました。

 

 

例として、お墓の管理をする人が居なくなると予想される場合、墓じまいを考えなくてはいけないのではないでしょうか。

・段々、年老いてきて、お墓が遠方で、なかなかお墓参りにいけない。

・独身であるため、お墓を継ぐ人が居ない。

・子供が、女の子だけの為、お墓を守ってくれる人が居ない。

などです。

 

墓じまいの手順やながれは?

遺骨をどうするか考える

話が、墓じまいの方向でまとまったら、遺骨をどうするか考えなければいけません。

 

私は、霊園でしたので、合同墓地にお願いしました。

お寺ですと、永代供養墓があります。

 

又、以前、テレビで放映されていましたが、海などに散骨する方法もあります。

 

霊園ですと、霊園の管理事務所に確認すると、必要な書類や手続き方法を教えてくれます。

利用しない手はありません。

 

墓じまいをお願いする石材店を決める

墓じまいの撤去の費用は、1㎡あたり10万円位が平均のようですが、本当に、業者によってバラバラです。

 

霊園で紹介してもらった3店の石材店の金額もバラバラでしたし、自分で問い合わせた業者でも違いました。

 

簡易な明細と合計金額だけの見積書の業者もありました。

 

「他の業者に決める」と連絡したら、墓じまいの見積額を10万円位下げてきた業者もありました。

そんな業者では信用も出来ないので、お断りしました。

 

只、「安かろう。悪かろう」では、意味もありません。

だからと言って、「高いから良い」というわけでは、ありません。

 

業者は、現地に出向き、お墓の位置や状況などを見て見積もりしてくれます。

複数の業者に見積もりをお願いして、業者と電話やメールでやりとりしてから決めることをお薦めします。

メールでも電話でも何回かやりとりを行っていれば、業者が良心的かどうかわかってきます。

 

私の場合、業者の見積もりで、一番見積額が高い業者と安い業者と、倍くらい値段が違いました。

費用は、決まりがあるようでありませんので、比較して検討することをおすすめします。

 

墓じまいのながれ

・業者に工事届を出してもらいます。

・霊園事務所に行き、改葬届などの書類を提出します。

・役所に行き改葬届を出して、改葬許可証をもらいます。

・出骨の日に、魂抜きの読経をしてもらい、出骨します。

・次の納骨場所に、改葬許可証を提出して納骨します。

 

その後は、業者が、撤去工事を行い、工事完了が完了したら、業者が工事完了の書類を霊園に提出してくれます。

(私が、お願いした業者は「墓じまいのながれ」の部分は、全て行ってくれました)

 

親族トラブルの実例や問題は?

Sponsored Link

家族や親戚に反対されるトラブル

墓じまいを考えた場合、家族や親戚などに反対されることがあります。

私は、一度目の墓じまいを考えた時に、親族から反対され、その時は墓じまいを行いませんでした。

 

その時、墓じまいを行わなかった結果、今回の問題が発生してしまいました。

反対だけして、その人が、お墓を守っていく気が無いのであれば、話し合いをして、説得するしかありません。

 

連絡先のわからない親戚もあり、その点も苦労しました。

戸籍をとり寄せて、探していくしかありませんでした。

墓じまいの費用のトラブル

墓じまいを行う場合、費用は伴います。

墓じまいの費用ですが、私の場合も数十万円かかりました。

 

墓じまいの費用は、安い金額ではないし、考えてもいなかった出費ですので、誰が支払うかと問題発生です。

費用の支払いについても、支払う人は決まっているわけではないので、親族間で話し合って決めるしかありません。

 

まとめ

お墓のトラブル発生してから、墓じまいが終了するまで、気持ちが、落ち着きませんでした。

墓じまいが、無事終了してくれて、ホッと一安心というところです。

 

お墓のトラブルは、いつおこるかわかりませんが、順番を踏んで、ひとつづつクリアしていけば、解決していくと思います。

ご先祖様に手を合わせ、丁寧に片付けていけばご先祖様も納得してくれていると思いますよ。

 

お墓のトラブルについては、こちらの記事もご覧ください

⇒お墓を守る人が居ない?お墓のトラブル発生の実例は?

 

⇒お墓の相続は長男以外も可能?墓じまいする方法や解決策は?

 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link


この記事が役にたったら\いいね!/