折り鶴

女性のひとりの生活の不安は、老後の一人暮らしが大きなウエイトをしめています。

体力面の衰えに加え、金銭面の不安は大きいでしょう。

ひとりで暮らす不安などを考えると結婚も頭に浮かぶ場合があります。

 

50代60代からの結婚はあるのでしょうか?

どのような出会いがあるのでしょうか?

紹介していきますね。

Sponsored Link

50代60代の結婚の方法「結婚情報サービスで出会う」

クローバー

私は、結婚紹介サービス業に携わっていたことがあります。

離職して何年か経ちますが、携わった当初は、50代60代の方の来店は少なかったです。

しかし、離職前の数年は、50代60代の男性や女性の来店が、年々増えてきました。

 

当初は、50代60代の方の来店というと、結婚しない子供を心配して、親が来店という人がほとんどでした。

中高年のパートナー探しに力を入れる会社も多くなり、子供のことではなく自分のパートナー探しという人が来店するようになりました。

 

来店した時に、いろいろ話をしてくださるのは女性の方がほとんどでした。
一人で来るのは嫌だからと、お友達と来店した方もいらっしゃいました。

 

お話を聞いていても、離別した方も、結婚に懲りたという方はいませんでした。

結婚に懲りていれば、来店しようとは思いませんよね。

 

離別の方も死別した方も、共通して言われていたことは、「老後を一人で暮らしていくのは、淋しくて不安」と、おもいきって来店しようと思ったそうです。

 

只、パートナーは欲しいけど、籍は入れたくないという方もいらっしゃいました。

結婚は、2人だけの関係に留まらず、それぞれの家族との関係もでてきます。
再婚というと、子供であったり、持っている資産であったりと、付いてくるものが多いです。

籍を入れて、後々もめたくないということですね。

 

お互い「パートナー探し」を目的として来店しているので、30代40代に比べれば比率は少ないですが、カップルになっていく人は多かったです。

 

「話しをしていても、会話が途絶えない」「趣味があう」で、カップル成立という場合が多かったですね。

楽天オーネット

結婚紹介サービスの大手楽天オーネットは、中高年専門の結婚・再婚・パートナー探しサービスを行っています。

結婚紹介サービス35年以上の実績の楽天グループの企業ですので、安心ですね。

入会前の相談は、無料です。
気軽に、相談に行ってみてはいかがですか?

 

パートナーが見つかった時のお客様の嬉しそうな顔は、結婚紹介サービスに携わっていた時の喜びでした。

 

ルックフォーパートナー

又、東京など関東圏の婚活であれば、IBJ認定のルックフォーパートナーが、お手頃価格で入会出来ます。

IBJ会員は、全国に約59,000名おり、45歳以上のシニア層も約3割います。

 

ルックフォーパートナーも、入会前の相談と初月の月会費は無料です。

 

「老後の一人暮らしが淋しい、不安」ということであれば、資料請求をおこなってみてはいかがですか?

 

 

結婚相談所にも、様々な形がありますし、相性もあります。

「話だけ聞いてみよう」で良いのです。

気軽に来店されていた方が多かったですよ。

「善は急げ」です。

 

50代60代の結婚の方法「職場で出会う」

職場

職場に、派遣で入ってくれた女性ですが、休憩時間に話しをする機会がありました。

年齢も近いこともあり、話しがはずみ彼女の結婚話になりました。

 

彼女は、50才で結婚したとのこと。

 

離婚して子供を一人で育て、子供も成長した頃、御主人と出会ったそうです。

ご主人は、同じ50代で初婚との事。

 

彼女が以前の職場に、業者として出入りしていて知り合ったそうです。

 

彼女の今の悩みとしては、生活の仕方が違い、意見が合わない事も多々あるとの事。

ご主人は、結婚するまで、一人で生活していて、何でも自分で行った来たそうです。

今の時代、洗濯機をまわせば勝手に洗濯してくれるし、掃除機かければ、きれいになるし、食べることも、コンビニやスーパーで主食やお惣菜も手に入ります。

 

結婚というのは、今まで違う生活を送ってきた人が一緒に生活していくわけですので、20代、30代の結婚でも、生活を合わせていくのは大変な部分もあります。

 

ご主人にすれば、独身生活が長く、長い間自分の好きなようにしてきたわけですし、初婚ということもあり「結婚」に対する考え方も、彼女と違っていたようです。

 

それでも「再婚して良かった」と話していたので、幸せということですね。

 

50代60代の結婚の方法「知人の紹介で出会う」

Sponsored Link

知人

ご自分でお店を経営されている方で、バリバリ仕事をしていて、推定年収1千万は越えている60代女性の知人の実例です。

 

「老後のお金の心配は無いわ。結婚なんてこりごり」と言っていたのですが、久しぶりにお店に行くと「婚活はじめたの」と話してくれました。

きっかけは、娘さんが二人いるのですが、長女は結婚が決まり、次女は海外に留学し日本に戻る気持ちがないという報告をうけたからとのこと。

 

知人に声をかけ婚活をおこなっていて、結果「今度、お会いするの」と話していました。

私も懐事情で、お店に行かなくなってしまったので、その後どうなったのかわかりませんが、又、お店に行った折には、その後の話しを聞いてみたいと思っています。

 

番外:一人暮らしを続ける

しかし、結婚は考えず、老後を一人で生活していくと思っている友人もいます。

彼女は、末子が1才にならないうちに、離婚しました。
子供を育て、中古住宅も購入しました。

長女、次女と嫁ぎましたが、それでも彼女は老後は一人で暮らしていくそうです。

時々、子供が遊びに来るくらいで、自分の時間は趣味を楽しむことが良いのだそうです。

 

只、老後の不安は「生活費」と話していました。

 

女性一人暮らし60歳以上の生活費や老後資金の不足額の解決方法は⇒女性一人暮らし60歳以上の生活費平均や内訳は?老後不足額の解決方法は?で、紹介しています。

 

まとめ

生涯未婚率は上昇していますが、50代60代からの結婚はおおいにあり得るということです。

 

50歳までに一度も結婚しない人の割合を表す「生涯未婚率」が上昇し続けています。最新の2015年は男性が23.4%、女性が14.1%でした。1980年と比べて男性の未婚者の割合は約10倍、女性が3倍に膨らんでいます。引用元:NIKKEI STYLE

 

50代60代の女性の結婚の実例、考え方をまとめてみました。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link