痒み

Sponsored Link

冬の寒い時期、皮膚の痒みで困ることはありませんか?

 

若い頃は、肌も綺麗でつやつやモチモチしていて、多少の皮膚を掻いたような跡があっても、あまり気にならなかったのではないでしょうか?

 

しかし、老化してくると、只でさえ肌の弾力がなくなってくるところに、ガサガサができているとつらいものがありますね。

 

冬の皮膚の痒みというのは、全世代の共通することだと思いますが、加齢に伴う皮膚の痒みというのは、あるのでしょうか?

冬の痒みの原因や対策はあるのでしょうか?

 

冬の皮膚の痒みの原因は?

皮膚の表面の脂が減少することにより、皮膚の水分が減少して、乾燥を生じます。

 

中高年の場合は、手足や特に膝から下に見られ、皮膚がカサカサして剥がれ落ちたり、ひび割れたりします。

 

痒みを伴ってくるため、掻いてしまい、それに伴い湿疹ができる場合もあります。

冬は空気が乾燥している為、余計に悪化しやすくなります。

 

老化に伴う皮膚の痒みは?

老化に伴う皮膚の痒みは、高齢者に多いことから老人性乾皮症と呼ばれます。

痒みと共に、皮膚に浅い亀裂や白いふけのような角質が生じます。

 

老化に伴い、皮膚を守る機能が低下し、皮脂や汗の分泌が減少し、角層の水分保持機能が低下することにより、小さな刺激にも反応し、かゆみを感じやすくなります。

 

発症時期としては、11月頃より3月頃までによくみられるようです。

 

老人性乾皮症の対策は?

食事は、ビタミンA、コラーゲン、ビタミンCをとること

入浴時はあまり長湯をしないこと

石けんで肌をこすりすぎないこと

・刺激の少ない衣服を着用すること

・爪(つめ)を短くすること

です。

 

食事は、いろいろな悩みに共通する対策方法になりますね。

Sponsored Link

全世代に共通する冬の痒みの原因は?

女性肌

皮膚の表面の脂が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥が生じます。

特に、冬は寒い為、ヒートテックなど防寒用の肌着を着用します。
すると、余計に皮膚が乾燥してしまう為、痒みが増してくる状態になります。

 

日常生活で気をつける点は?

生活を見直すことで、改善する場合もあります。

 

・入浴時にゴシゴシ洗いすぎない

皮脂を守る為、ナイロンタオルなどで、ゴシゴシ洗いすぎないようにしましょう。

 

・刺激の少ない肌着にする

木綿の肌着が乾燥に良いと言われています。
ヒートテックの肌着を着る場合は、木綿の肌着の上にきると良いでしょう。

 

・部屋の乾燥に注意

乾燥すると、皮膚の乾燥もひどくなります。
加湿器などを利用して、部屋の乾燥を防ぎましょう。

 

・アルコールは控えめに

アルコールをとりすぎると、からだが温まり、痒みがひどくなります。
アルコールは、控えめにしましょう。

・掻かない様にする

なるべく掻かないようにすることが大事です。

 

・薬を使用する

どうしても痒みが我慢できない時は、病院にかかり、適応したお薬を頂き、痒みを抑えましょう。

 

まとめ

管理人は、冬の皮膚の痒みで困る為、いろいろ対策しています。

入浴時に身体を洗う時、ナイロンタオルを普通のタオルに変えただけでもだいぶ違います。

 

老後に向かっていろいろ悩みもでてきますが、健康で過ごしたいものですね。

冬の皮膚の痒みが気になる場合は、出来ることから始めてみるのも良いでしょう。

 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link