株主優待品

あなたは株を始めるタイミングはいつが良いと思いますか?

 

株取引は「株を買って、株を売って、利益(損失)をとる」他に、株主の権利をもっていると、株主優待品として企業の商品であったり金券であったりお米などの生活必需品などを頂くことができます。

 

時々、「株主優待生活者」としてマスメディアに登場する、元将棋棋士の桐谷広人さんは、現在68才です。

株主優待品でほとんどの生活品を賄っています。

 

あなたも株を始めて、老後を株主優待で楽しみたいと思いませんか?

株主優待品でお得や楽しみを頂ければ老後生活の楽しみにもなります。

 

老後に備えて株を始めるタイミングは、いつが良いのでしょうか?

株主優待をうける権利の確定は、どのようにすれば良いのでしょうか?

紹介していきますね。

 

Sponsored Link

株を始めるタイミングは?

株を始めるタイミングに正解はありません。

「なんじゃ!それ」と突っ込まないでくださいね(汗)

 

桐谷広人さんは、東京証券協和会将棋部の師範をしていたことをきっかけに株式投資を学び始めています。

 

株のことに興味を持った時が株を始めるタイミングです。

株価は上がったり下がったりを繰り返しています。

「株価が上がっている今が、株を始めるタイミング」「株価が下がっている今が、株を始めるタイミング」ではなく、老後を株主優待で楽しみたいと思ったのであれば、今が株を始めるタイミングです。

 

株を始めるには?

株取引を始めて、株主優待をうけるためには、証券会社の口座を開く必要があります。

証券会社をとおして、目的の株を買ったり売ったりします。

 

初心者向きの証券会社は?

 

大手の証券会社であること

サポートの電話がつながりやすく、回答がわかりやすいこと

株取引の売買手数料が安く、初心者でも利用しやすいこと

 

株を売買する場合、証券会社に手数料を支払う必要があります。

株を買う場合にも手数料を支払いますし、株を売る場合も手数料を支払います。

 

管理人は、株取引を行っていて数社の証券会社を利用しています。

 

初めての株取引ということであれば、ネット証券最大手のSBI証券がおすすめです。

SBI証券は、サポートの電話もつながりやすく、オペレータの人たちの受け答えもスムーズで嫌な気持ちになったことはありません。

株売買の手数料も安いです。

参考:SBI証券HP 売買手数料

 

 

SBI証券を利用するということであれば、ネクシィーズ・トレードを通して口座開設がお得です。

ネクシィーズ・トレードは、ネット証券大手のSBI証券の金融商品仲介業者です。

 

 

SBI証券の口座開設も無料ですし、口座開設から株取引迄のながれをわかりやすくサポートしてくれます。

 

初めての株取引が不安ということであれば、サポートも無料で行いわかりやすく説明してくれますので、超おすすめです。

 

株主優待の権利を確定する方法は?

株主優待とは、何でしょうか?

 

かんたんに説明すると、企業が株を持っている株主に、「株を持っていてくれてありがとう」という意味合いでお礼の品を渡すことです。

 

株主優待内容は、企業が取り扱っている自社商品、食料、飲食券・特選品・金券・宿泊券。お米など様々です。

 

株主優待を権利を確定するには?

株主優待品は、企業の株を持っていれば頂けるというものではありません。

 

該当の企業の株主権利確定日に、現物株を持っている必要があります。

 

株取引の専門用語になりますが、株主優待には『権利付き最終日』『権利落ち日』『権利確定日』があります。

権利付き最終日 株主権利を得られる日
(権利確定日の3営日前)
権利落ち日 権利付き最終日の翌営業日。株を売却しても良い日
権利確定日 株主権利が確定する日

 

権利付き最終日は、権利確定日の土曜日、日曜日、祝日を除いた3営業日前です。

権利確定日を確認したら、権利付き最終日は何日になるか確認が必要です。

 

参考:SBI証券HP 権利付き最終日、権利確定日

株主優待の内容は?

株主優待内容品も、色々なジャンルがあります。

2018年 株主優待内容品
食料・飲食券 457 スポーツ 54
金券 634 買い物券 235
交通・旅行 45 ファッション・ビューテイ 117
宿泊 74 女性向け・おもしろ 54
趣味・娯楽 132 その他 345

管理人が頂く株主優待品は、『食料・飲食券』『金券』など生活に利用できる品が多いです。

 

企業によっては、株主優待を行っていない企業もありますので、注意が必要です。

 

株主優待の権利月は?

では、株主優待権利月別での、企業の数はどのようになっているのでしょうか?

 

2018年権利確定月 株主優待企業数
1月 32 7月 26
2月 132 8月 101
3月 808 9月 411
4月 26 10月 25
5月 33 11月 34
6月 106 12月 166

株主優待権利確定月は、決算月の多い3月が、断トツで多いです。

次に、9月となっています。

 

同月でも、権利確定日が、15日、20日、月末など違いますので、注意が必要です。

株主優待品の到着は?

企業の株主優待品は、権利確定日から2〜3ヶ月後に届きます。

株主優待の権利を獲ったからといって、すぐに株主優待品は頂くことはできません。

 

株主優待目的で株取引をおこなう注意点は?

Sponsored Link

株主優待目的で株取引を行っていくうえでの注意点では、どのような点でしょうか?

 

一つ目は、株主優待が確定する日に現物株をもっていることです。

 

二つ目は、目的の企業の株価が高い時点の購入は避けることです。

 

株価は上がったり下がったりします。

権利付き最終日に向かって、株価は上がっていくことが多いです。

そして、権利落ち日の株価は値下がりすることが多いです。

 

株主優待品が欲しいからといって、株価が高くなったところで買うことはリスクが伴います。

株価があまりにも高いようであれば、株を買うことをあきらめることも必要です。

証券会社のホームページで、企業の株チャートを見ることが可能ですので、しっかり確認が必要です。

 

株主優待を行っている企業は多々ありますので、他の株主優待品を探した方が賢明です。

 

まとめ

株主優待銘柄は、資金10万円未満から購入が可能です。

しかし、資金10万円未満で株を買えるからといって利用しない株主優待銘柄を頂いても意味がありません。

 

株主優待銘柄は、あなたが利用するお店や、好きな企業の株主優待品から始めてみると良いでしょう。

株主優待を受けるには、権利付き最終日と権利確定日の違いがわかれば、難しくないはずです。

 

老後に、株主優待品頂きながら老後生活費の節約になれば楽しみですね。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link


老後について気になる方は「いいね!」をクリックして最新情報をご覧ください