ポインセチア

クリスマスの花といえばポインセチアです。

老後の趣味としてガーデニングを、楽しんでいる人もいらっしゃいますね。

ポインセチアが、クリスマスの花と言われる由来はなぜでしょうか?

ポインセチアは、ガーデニングでどのように育てるのでしょうか?動画でも紹介しますね。

Sponsored Link

クリスマスの花 ポインセチアの名前の由来は?

『ポインセチア』の原産国は、メキシコ合衆国です。

アメリカ合衆国の初代のメキシコ公使であった、アメリカ合衆国の医師「ジョエル・ロバーツ・ポインセット」の知れるところになりました。

ジュエル・ロバーツ・ポインセット氏がアメリカに持ち込み、そこから普及しました。

ポインセチアの名前の由来は、「J.R.ポインセット」の名前に、因んでつけられたと言われています。

 

日本には明治時代に渡っています。

和名はショウジョウボク(猩々木)といいます。

「猩々」とは、古典の伝説上の動物です。

ポインセチアの上の葉が緋色(ひいろ やや黄色みのある華やかな赤)で”猩猩の色に”似ていることからこの和名が付けられたと言われています。

ポインセチアがクリスマスの花と言われる由来は?

Sponsored Link

なぜ、ポインセチアがクリスマスの花と言われるようになったのでしょうか?

1.ポインセチアの色

1つ目はポインセチアの花の色です。

クリスマスによく使用される赤・緑・白の3色はクリスマスカラーと呼ばれています。

赤は「キリストの流した血の色」緑は「永遠の命や愛」白は「純潔」を表します。

「赤い花」「緑の葉」「白の樹液」の3色のポインセチアは、クリスマスにぴったりの植物ですね。

2.ポインセチアの花言葉

2つ目は、ポインセチアの花ことばです。

クリスマスといえば赤いポインセチアです。

赤いポインセチアの花言葉は、「聖夜」「祝福する」「心は燃えている」「幸運を祈る」です。

聖夜の花ことばは、まさにクリスマスにぴったりです。

3.ポインセチア原産国の呼び名

3つ目は、ポインセチアの原産国の呼び名からです。

ポインセチアの原産国は、メキシコ合衆国です。

メキシコでは「ノーチェ・ブエナ」と呼ばれています。

ノーチェ・ブエナは、「素晴らしい夜」という原義ですが、通称としてクリスマスイブの意味を持ちます。

 

以上の、3つの点からポインセチアがクリスマスの花と言われるようになりました。

クリスマスの花のポインセチアの育て方は?

ポインセチア-ガーデニングでは、クリスマスの花のポインセチアはどのように育てるのでしょうか?

ポインセチアが、お花屋さんに並び始める時期は11月頃ですが、冬に出回るわりには、寒さに弱い植物です

 

植え替え時期に適している時期は4月~5月頃です。

10月までの生育期間は、土の表面が乾いた際には、たっぷりの水やりを行います。

霜にあたると枯れてしまいますので、11月以降は、日光が当たる窓際などの暖かい場所に置くと良いです。

 

夜になると温度が下がってくるので、窓際からは外しましょう。

水やりは天気の良い日の午前中に行うようにして、水やりの分量は控えめにした方が良いです。

 

『ポインセチア』のバランスが崩れてきたら、剪定を行えば、バランスを保つことができます。

剪定は、植え替え時期と同じ頃に行うと良いですが、遅くても8月中旬までには行いましょう。

 

ポインセチアの育て方 動画(2分19秒)

クリスマスに花の色を赤色にする方法も紹介されています。

クリスマスにポインセチアの赤色の花を楽しみたいのであれば、9月から11月ごろまで、夕方に箱を被せるなどして、日光を完全にさえぎることがポイントです。

 

【老後の趣味】の関連記事:

老後の趣味でローコスト・インドアの7選は⇒老後の趣味でお金のかからない楽しみ方は?インドア7選を紹介!

 

インターネットでお金のかからない趣味の楽しみ方は⇒老後のお金のかからない趣味は?インターネットでの楽しみ方は?

 

50代女性の新しく始めるおすすめの趣味は⇒50代女性の新しく始める趣味でおすすめは?お金がかからないように楽しむ!

 

女性に人気の趣味ランキングは⇒老後の趣味は生きがい?女性に人気のランキングベスト3は?

 

男性に人気の趣味ランキングは⇒男性に人気のランキングベスト3の趣味は?写真やカメラは老後の生きがい?

ポインセチアを育てることが大変と感じた場合は?

ポインセチアを育てていくことが「大変」と思えば、季節物と割り切り、鑑賞で楽しむこともひとつの方法かもしれません。

今年のクリスマスには間に合わないという場合も、今年は買った花で楽しみましょう。

 

まとめ





クリスマスの花といわれる『ポインセチア』の由来や花言葉を知ると、鑑賞するにしても育てるにしても、気持ちが変わってきませんか?

『ポインセチア』は、クリスマスが近づくと花屋で見かけることも多くなる為、別名『クリスマスフラワー』とも呼ばれます。

クリスマスには、『ポインセチア』も話題のひとつとして、子供さんやお孫さんと楽しむのも良いですね。

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link