小柳ルミ子さんといえば、1970年代を代表するアイドルでした。

小柳ルミ子さんの趣味は、サッカー観戦でサッカー解説も行うほどです。

 

シニアの楽しみや生きがいのひとつとして「趣味」がランキングインしています。

あなた自身が、趣味としてスポーツを行うことも良いですが、スポーツ観戦もシニアにおすすめの趣味です

 

小柳ルミ子さんの今・現在やサッカー観戦が趣味のきっかけ、シニアの趣味でスポーツ観戦がおすすめの理由や効果や効能を紹介していきますね。

Sponsored Link

小柳ルミ子のプロフィールは?

小柳 ルミ子さんは、1952年7月2日生まれの、現在66才です。

福岡市早良区出身で、中学校卒業後、宝塚音楽学校を経て後宝塚歌劇団に入団しましたが、2か月で退団して、その後1971年に「わたしの城下町」でデビューしました。

 

「わたしの城下町」は、1971年のオリコン年間シングル売上チャートで1位を記録し、日本レコード大賞最優秀新人賞も獲得しています。

 

翌年1972年の「瀬戸の花嫁」で日本歌謡大賞も、受賞しています。

 

小柳ルミ子さんの元、旦那は、浜松市出身の大澄賢也さんです。

1989年に、13歳年下のバックダンサーの大澄賢也と電撃結婚しましたが、2000年に離婚しました。

私は、小柳ルミ子さんと大澄賢也さんが、夫婦の時にコンサートを見に行ったことがあります。

大澄賢也さんが、冗談で浮気のことでいじられて話をしてましたが、離婚した時は、満更冗談ではなかったのかもと思ってしまいました。

 

小柳ルミ子さんは、1970年代は、天地真理さん、南沙織さん(写真家:篠山紀信夫人)とともに『新・三人娘』と呼ばれトップアイドルでした。

・新・三人娘の天地真理さんについては⇒天地真理の今は?老後破産をして老人ホーム暮らしは本当?を、ご覧ください。

 

・新・三人娘の南沙織さんについては⇒南沙織の今・現在は?引退理由は?息子や旦那とシニア生活を楽しむ?を、ご覧ください。

小柳ルミ子の今・現在は?

小柳ルミ子さんは、芸能生活50年になろうとするベテラン歌手ですが、最近では、歌手活動より、サッカー解説などのサッカーがらみで登場することが多くなりました。

 

小柳ルミ子さんも「趣味はサッカー観戦」と公言しています。

 

小柳ルミ子の趣味はサッカー観戦

小柳ルミ子がサッカーに嵌ったきっかけはメッシ?

小柳ルミ子さんの趣味が、サッカー観戦になったきっかけ2002年の日韓ワールドカップの、ベッカムフィーバーからでした。

 

同時期にメッシがプロデビュー(アルゼンチン代表FWでバルセロナ)し、メッシが世界で一番好きと公言しています。

理由は「技術も決定力もあって、アシストもする。あれだけの選手なのにモチベーションは下がらないし、プレッシャーにも負けない」 ところだそうです。引用元:http://samuraisoccer.doorblog.jp

 

小柳ルミ子さんのサッカー解説が人気?

小柳ルミ子さんは、テレビやニコニコ生放送、ワールドカップでもサッカー解説をしています。

 

小柳ルミ子さんのブログは、サッカー関連記事が多数投稿されています。

本業の歌について触れるよりも、サッカー記事の投稿の方が熱が入っている感じもします。

 

小柳ルミ子さんも自身のブログで、下記の内容を投稿しています。

日本サッカー協会 会長の田嶋氏や
電通の社長様も
ご覧になって下さったそうですよぉーー😆❤‼
「面白かったよー👍」
「小柳さん、凄いね👍」
と、仰っていたそうです😆‼
各方面…それもトップの方々に
私のサッカー好きが
【拡散】してるゾォーーーーーーー😆⚽❤‼
引用元:https://ameblo.jp/rumiko-koyanagi

 

年間2000以上の試合を観戦し、100冊のサッカーノートを書いている小柳ルミ子さんですから、解説内容には、かなりの説得力がありますね。

 

シニアのスポーツ観戦の効能や効果は?

Sponsored Link

認知症は、様々な原因で、神経の細胞が減少したり電気信号を送れない脳になってしまう状態です。

 

あなたは、ドーパミンということばを聞いたことがありませんか?

脳に「ハラハラ、ドキドキ、ワクワク」を与える物質のひとつが、ドーパミンという伝達物質です。

 

ドーパミンは認知症予防に効果がある

ドーパミンは、物事に対して反応が良くなったり、やる気をおこさせたりもします。

ドーパミンは脳の中で大切な働きをしていますが、加齢と共に徐々に減少してくるといわれています。

 

ドーパミンの働きは?

・身体を動かしたり何かをやろうとする時に、始めのひと押しをする

達成感や満足感などを感じさせす報酬系の物質と言われている

火事場のバカ力を出す、ノルアドレナリンやアドレナリンを作り出す

 

ドーパミンが減ると?

・物忘れや学習能力の低下などを起こす

・意欲の低下や無気力、運動能力の低下などを起こす

参考元:https://www.unitechint.org/

認知症予防にスポーツ観戦は効果が有る

脳は、日々の刺激によって活性化されます。

スポーツ観戦は好きなスポーツやチーム、好きな選手を観戦し応援することで「ドキドキ、ワクワク、ハラハラ」の心理状態になり、ドーパミンが作り出されます。

 

シニアの趣味として、スポーツ観戦も効能や効果があるということです。

 

まとめ

平昌オリンピックで「そだね~」のカーリング女子が大ブームになりました。

2018年3月14日~18日に青森市で行なわれたミックスダブルス カーリング選手権大会は、平昌五輪で活躍した、藤澤五月選手(ロコ・ソラーレ北見)と山口剛史選手(SC軽井沢クラブ)の『藤澤・ 山口』ペアが、8戦連勝の全勝優勝で世界選出場を決めました。

 

ミックスダブルスカーリング選手権大会チケットは完売だったようです。

 

今まで知らなかった、スポーツのルールを覚えようとすることも脳の活性化に繋がります。

あなたもスポーツ観戦を趣味の候補のひとつに加えてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link


この記事が役にたったら\いいね!/