終活

「終活」ということばが、近年よく聞かれるようになりました。

 

私は、同級生や60代で亡くなった人が続いたりして、「終活」ということばが他人事ではないと思うようになりました。

 

しかし、いざ終活といっても何から始めたらよいのかわからないということもあるでしょう。

50代60代の終活でやるべきこと5つと、終活を始める理由を紹介していきますね。

Sponsored Link

終活とは?

終活とは、「人生を終えるための活動」になります。

自分の最期を意識して、死ぬまでのことや死んだあとのことについて、残された家族などに迷惑がかからないように整理して様々な準備をしておくことです。

 

終活1つ目のやるべきこと エンディングノート

エンディングノートとは、あなたが最期を迎えた時に、家族や周囲の人が困らないように、必要な情報や希望したいことを書き留めておくノートです。

 

私は、生命保険会社のエンディングノートを利用しています。

内容は、人生の振り返りや私のお気に入りや夢など、現在のことを記入する欄もあります。

只、現在のことは記入していません。

 

必要なことは、もしもあなたが倒れた時に、親族が必要なことがわかれば良いのです。

金融資産のまとめ

・健康保険証や年金手帳の置いてあるところ

・預貯金や他の資産や不動産の情報(借金があれば、借金の情報)と、ネット銀行やネット証券のIDとパスワードなど、金融資産の関係は1か所にまとめておく

 

治療時や病気になった時の希望

・介護が必要になった時

・重い病気になった時

・意思表示ができなくなった時

どのように希望するかを表明しておきます。

 

終活2つ目のやるべきこと 葬儀関係

亡くなった時に伝えてほしい人のリストや葬式をどんな形で行うか、葬儀場を決めて書いていくと、家族や親族が困りません。

近年では、家族葬など身近な人だけでおこなう葬儀の形も流行ってきています。

あまり、お金をかけたくないということであれば、家族葬も候補に入れておくと良いかもしれません。

 

エンディングノートにまとめても良いですが、書き直しや追加ができるように、鉛筆で書いておいた方が良いです。

 

終活3つ目のやるべきこと 遺影やお墓

現在、お墓があり、そのお墓に入り、お墓を継ぐ人もいるということであれば問題はありません。

しかし、現在お墓がないという場合や、お墓を継ぐ人が居ないという場合は、お墓をどうするのかも考えなければいけません。

 

又、遺影に使用する写真も1枚用意しておきましょう。

親族の手間を省くことができます。

 

終活4つ目のやるべきこと 生前整理

Sponsored Link


今使っていない物や、あなたが亡くなったらゴミになるものは、できるだけ処分しておくと、残された家族や周囲の人に迷惑をかけることが少なくなります。

 

家族に見られて嫌なものも処分しておきましょう。

 

私は、学生時代に友人と交換日記をしていました。

家族に見られると嫌なことも書いてあったので、片付けたのですが、片付けながらついつい

読んでしまって、前に進まない時もありましたね。

 

終活5つ目のやるべきこと 遺言

家族が多かったり、財産のある場合は、相続対策をしておきましょう。

遺言書には、法的効力のある「公正証書遺言」と法的効力のない「自筆証書遺言」が、あります。

財産がなくても、貴金属や着物など、誰に何を相続するかということを、分かるようにしておけば後のトラブルを防ぐことができます。

 

私は、少しだけ貴金属を持っていますが、全て売る予定です。

 

50代60代で終活を始める理由は?

50代60代といえば、まだまだ体も動き仕事もしている現役世代の人も多いです。

しかし、あなたの寿命というのは誰にもわかりません。

 

 

50代60代のうちに整理を行えば、体も動きます。

又、終活に向けてやることを行っておけば、気分的にも楽ではありませんか?

 

まとめ

50代60代というと、以前より明らかに衰えを感じます。

 

人間が年を重ねていくのは、皆同じです。

今後、どんどん衰えていったらどうなるか想像できますよね。

 

年を重ねていけば、ゴールがあることを受け入れましょう。

 

家族のためでけではなく、あなたの為にも、終活に向けてやるべきことを行っておけば、老後を安心して過ごすことができるのではないでしょうか?

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link