愛犬

坂上忍さんの愛犬サンタは、元保護犬です。

 

坂上忍さんは、愛犬家としても有名で、ブログは犬のブログと思うほど、犬の話題が満載です。

 

飼い犬の数がどんどん増えていき「何匹飼う?」と思っていましたが、坂上忍さんは、筑波サンタ君を末っ子犬として飼うと決めました。

 

左前足がない三本足の筑波サンタ君の生い立ちと現在はどのようなのでしょうか?

サンタ君を人生最後の飼い犬と決めた理由は、何でしょうか?

紹介していきますね。

Sponsored Link

坂上忍さんの愛犬 筑波サンタくんの生い立ちと現在は?

筑波サンタ君の生い立ちと現在はどのような状況なのでしょうか?

 

筑波サンタ君の生い立ちは動物愛護団体の保護犬

日本テレビ系列の「天才!志村どうぶつ園」の、2017年6月放映の「捨て犬ゼロ部」という企画で、俳優の福士蒼汰さんが茨城県の動物愛護団体「CAPIN(キャピン)」に訪れた際の放送を見て、坂上忍さんが気になった犬です。

 

左前足がない3本足の犬で、CAPINでは「サン」と呼ばれていました。推定年齢は3才位です。

 

筑波サンタ君は坂上忍家のトライアルを経験して末っ子犬に

阪上忍 サンタ

出典:https://ameblo.jp/shinobu-sakagami/entry-12290882882.html

 

坂上忍さんは、実際に「サン」に会いに行き、他の10匹の犬の相性や迎え入れてくれるかで、トライアルを体験しました。

 

その結果、他の飼い犬たちが、誰一人煙たがらず、特に、長男の佐藤ツトムさんが一番サンタ君を気にかけてくれる様子を見て、末っ子とし犬て飼うことを決めたようです。

 

坂上家に迎え入れてからは、「筑波からきたサンタさんからの贈り物」ということで、「筑波サンタ」という新しい名前がつけられました。

 

筑波サンタ君は3本足のため現在は義足を練習中

サンタ君は、左前足が無いので、3本足で散歩をしています。

サンタ君の犬種は、甲斐犬ですが、以前は猟犬でいたため、猟弾が原因で3本足になったのではと推測されています。

 

現在は3才位でまだ若いので、筋肉もあり3本足でも大丈夫のようですが、サンタ君がシニアになった時のことを考えて義足をつけることを考え練習しています。

しかし、サンタ君は義足が苦手なようで、散歩をしていても3本足です。

 

追記:坂上忍さんとの練習の努力が実を結んできて、段々義足に慣れてきています↓


出典:https://www.instagram.com/p/BcebiiPFoqA/?taken-by=shimura_zoo_ntv

 

坂上忍さんの愛犬の筑波サンタ君の義足の慣れ具合は?

サンタ君は義足が嫌だったのか、テコでも動かず坂本忍さんと我慢合戦を行って、結局、坂上忍さんが白旗をあげていました。(2017年12月9日放送「志村どうぶつ園」)

 

坂上さんは、自分で4本足で歩けるようにしつけたかったようですが、犬のしつけ訓練士の森田誠さんに2週間程預けました。

現在は、サンタ君は自宅に戻り、少しづつ4本足で歩く練習をしています。

 

2018年2月23日 追記:

義足の種類を新しい義足に変えていました。

少し体重も義足につけて、義足を使いながら歩いていました。

(2月23日放映の「天才!志村どうぶつ園」)

 

2018年3月17日 追記:

以前の義足に戻しました。

散歩コースを変更したら散歩もグイグイできて、他の犬にもすこし興味をしめしていました。

3月17日放映の「天才!志村どうぶつ園」

 

坂上忍さんは、4本足で歩けるようになったサンタ君と「天才!志村どうぶつ園」の志村園長とポチちゃんとの散歩を楽しみに待っています。

 

2018年4月7日 追記:

「天才!志村どうぶつ園」で待ちに待った志村園長とポチちゃんとの散歩が実現しました♪

サンタ君は、以前の義足に戻して、体重をかけ、坂道も登っていました。

サンタ君はポチちゃんのおやつにも興味をしめしていました。

 

サンタ君は、3本足ながら坂上家の塀を乗り越え脱走して、3泊4日行方不明になっていたようです。

坂上忍さんは、その間、ぽっかり穴が空いた気持ち」と話していました。

サンタ君は手間のかかる分、余計に愛しいのでしょう。

 

ポチちゃんとも一緒に散歩ができていましたし、坂上忍さんの努力が、段々実を結んできた結果ですね。

飼い主にとっても、愛犬の成長はとても嬉しいものです。

 

追記:筑波サンタ君が脱走して現在は行方不明

2018年8月2日 追記:

筑波サンタ君が7月9日から脱走してしまい行方不明になっています。

坂上忍さんのブログを読んでいても、7月10日を最後にサンタ君がでてこないのでおかしいと思っていたのですが・・

7月9日に千葉県の君塚健康福祉センター(保健所)に坂上忍さんの愛犬サンタ君が行方不明であると届け出が出ています。

サンタ行方不明

出典:https://www.pref.chiba.lg.jp/kf-kimitsu/doubutsu/maigodoubutu.html

 

只、坂上忍さんの説明によると、サンタ君が居るところはわかっているとのことです。

 

──サンタくんが行方不明になっているそうですが。
「そうなんです。でも、目撃情報もあって、いるところはわかっているんです。保護センターの人たちの協力もいただいています。『追うと逃げてしまうので、その場所に居つくまで手を出さない方がいい』と言われています」

──サンタくんは無事?
「はい。ご近所のかたに『サンタに会ったら餌をあげてください』と餌付けにご協力をお願いしています。今ようやく居ついたところで、近く、保護器を仕掛けることになっています」

 逃げた犬は、周囲が大騒ぎすると、ますます見つけにくくなる。サンタの「行方不明」を公にしなかったのは、そんな事情もあったようだ。

出典:https://www.news-postseven.com/archives/20180801_731863.html

サンタ君が無事戻ってくることを願うばかりです。

 

筑波サンタ君が無事帰宅

2018年8月10日 追記:

坂上忍さんがブログで12番目の息子の筑波サンタ君が無事帰ってきましたと報告しています。

体重も変わらず、便に虫もおらず、至って健康とのこと。

本当に良かったです(^^

 

50代から犬を飼うメリットは⇒50代で犬を飼うメリットは?老後の生活の楽しみや生きがいになる?をご覧ください。

 

 

坂上忍さんが筑波サンタ君を最後の飼い犬とした理由は?

Sponsored Link


坂上忍さんが、サンタ君を最後の飼い犬とした理由は、何故でしょうか?

 

dog8

年齢的なこと?

年齢的に新たに犬を飼うのは最後と考えたようです。

 

坂上さんは、30代の頃「ヒット」という犬を飼っています。

 

しかし、30代の頃は、仕事の後の呑み会などで、ヒット君を一人にすることが多く、ヒット君はストレスで血尿が出たりして、自分のとこに居ない方が良いと思い、譲り渡してしまいました。

 

その後、ヒット君が亡くなったと聞いてから7年間は、犬を飼えなかったようです。

 

ヒット君を飼った時の反省も踏まえ、犬を飼った以上、最期まで面倒をみる」ということで、年齢的にも最後の犬と決めて、サンタ君を迎え入れました。

 

老後の散歩のこと?

老後の散歩のことも考えたのでしょう。

 

現在11匹の犬を飼っている為、散歩は4~5回行っています。

1回30分で4~5回行くので、散歩だけで2時間を超えることになります。

 

散歩をした後に仕事もするわけです。

 

坂上忍さんは、51才になりました

51才という年齢で、2時間越えの散歩、そのあとの仕事というのは、体力的にもなかなか大変なことになります。

 

50代から犬を飼うデメリットについては、こちらの記事もご覧ください⇒「50代から犬を飼うことは大変?シニア世代が飼育するデメリットは?」

 

まとめ

坂上忍さんのブログを呼んでいると、愛犬達の話題が満載です
というか、ほとんど犬の話です。

 

毒舌家とも言われていますが、犬を飼ううえで自分の年齢と老後のことを考え、最期まで面倒をみるという責任感とやさしさは、犬を飼う人のお手本にもなるのではないでしょうか。

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます。
この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link